先天性心疾患の社会的な認知・理解向上に向けて

生まれながらの心臓病(先天性心疾患)をもつ子どもたちは、およそ100人に1人、年間で1万人生まれています。
運動や日常生活に制限を持ちながら生活していますが、見た目には分かりにくく、
先天性心疾患に対する社会的な理解はまだまだ進んでいません。

また、医療技術が進歩し、今では手術や投薬により95%以上が治療に成功し、成人期を迎えるようになりました。
一方、患者さん自身の病気への理解が不足し、病気が治ったと思い込んで検査に行かなくなったり、
薬を飲まなくなったりして、再び患う人が増えるといった課題も懸念されています。

そんな、先天性心疾患と向き合う患者さんやそのご家族の現状を多くの方に知って頂くため、
アッヴィ合同会社は、ドキュメンタリー映画『Challenging Heart Day ~いつも ありがとう~』を制作しました。
この映画が、先天性心疾患の社会的な認知・理解向上のきっかけとなることを願っています。

<出演者>
Challenging Heart Day イベント参加者のみなさん

<特別出演>
東京女子医科大学 循環器小児科 富松 宏文 先生
こぐま園 田中 千賀子 園長 こぐま園のみなさん
横浜こぐま園・こぐまハートクラブのみなさん

<インタビュー出演>
長野県立こども病院 循環器センターセンター長/ エコーセンター長 安河内 聰 先生

日本大学医学部 小児科学系 小児科学分野 准教授 板橋病院小児科科長 板橋病院教育医長 鮎沢 衛 先生

国立成育医療研究センター 循環器科 医長 小野 博 先生
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 小児・周産期地域医療学講座 教授 土井 庄三郎 先生
慶應義塾大学医学部 小児科 准教授・周産期・小児医療センター副センター長・外来医長・病棟統括責任者 山岸 敬幸 先生

一般社団法人 全国心臓病の子どもを守る会 芝崎 久美子 副会長

<ナレーション>
HARCO

<製作著作>
アッヴィ合同会社

<制作進行>
株式会社オズマピーアール

<制作協力>
株式会社ラダック

<イラスト>
高木 香緒里

<音楽>
仁科 亜弓

<プロデューサー>
森山 智亘

<ディレクター>
阿部 郁美

<企画管理>
野村 康史郎/伴野 麻衣子

<企画進行>
田中 直也/ 田中 日奈子/ 布施 俊和

<監修>
長野県立こども病院 循環器センターセンター長 エコーセンター長 安河内 聰 先生

<協力>
一般社団法人全国心臓病の子どもを守る会

<イベント進行>
NPO法人Ubdobe(ウブドベ) Ubdobeボランティアのみなさん

<イベント協力>
THREEBERRY/ 大島エレク総業(装飾)/大岡洋祐(音響)/ニューピアホール竹芝

<音楽協力>

UQIYO(ウキヨ)